目的

DHCPサーバを冗長構成にて構築する。

概要

簡易的なDHCPの冗長構成では、払い出しIPアドレスのレンジを正副で変更し、 片方のサーバがダウンしてもサービスは縮退して継続可能としているようだ。
ISC製DHCPサーバは2台で冗長構成が組めるらしいということでやってみた。
これは払い出しIPアドレスのレンジを変更することなく、リース情報を同期させ 片方が落ちてももう片方でサービスが継続可能。

検証環境

  • DHCPサーバ#1(ubuntu 14.04)
  • DHCPサーバ#2(ubuntu 14.04) いずれも lxc 上にて構築する

導入方法

必要なソフトウェアのインストール

[ubuntu@lxc ~]$ sudo apt-get install install isc-dhcp-server

設定ファイルの修正

syslog関連

[ubuntu@lxc ~]$ sudo vi /etc/rsyslog.d/40-dhcpd.conf
# ISC-DHCP-SERVER
local7.*        /var/log/dhcpd.log

[ubuntu@lxc ~]$ sudo touch /var/log/dhcpd.log
[ubuntu@lxc ~]$ sudo chown syslog /var/log/dhcpd.log

プライマリサーバのdhcpd.conf設定

[ubunt@lxc ~]$ sudo vi /etc/dhcp/dhcpd.conf
option domain-name "prosper2.org";
option domain-name-servers 8.8.8.8, 8.8.4.4;
option subnet-mask 255.255.255.0;

log-facility local7;

default-lease-time 3600;
max-lease-time 3600;

failover peer "FOdhcp" {
  primary;
  address 192.168.10.xxx; ← プライマリのIPアドレス
  port 20xxx; ← プライマリのキープアライブ用ポートを指定
  peer address 192.168.10.yyy; ← セカンダリのIPアドレス
  peer port 20yyy; ← セカンダリのキープアライブ用ポートを指定
  max-response-delay 60;
  max-unacked-updates 10;
  mclt 300;
  split 128;
  load balance max seconds 3;
}

subnet 192.168.10.0 netmask 255.255.255.0 {
  pool{
    failover peer "FOdhcp";
    range 192.168.10.65 192.168.10.128; ← この例では192.168.10.65 - 128 が払い出し範囲
    option routers 192.168.10.254;
    option broadcast-address 192.168.10.255;
  }
}

セカンダリサーバのdhcpd.conf設定

[ubunt@lxc ~]$ sudo vi /etc/dhcp/dhcpd.conf
option domain-name "prosper2.org";
option domain-name-servers 8.8.8.8, 8.8.4.4;
option subnet-mask 255.255.255.0;

log-facility local7;

default-lease-time 3600;
max-lease-time 3600;

failover peer "FOdhcp" {
  secondary;
  address 192.168.10.yyy;
  port 20yyy;
  peer address 192.168.10.xxx;
  peer port 20xxx;
  max-response-delay 60;
  max-unacked-updates 10;
  load balance max seconds 3;
}

subnet 192.168.10.0 netmask 255.255.255.0 {
  pool{
    failover peer "FOdhcp";
    range 192.168.10.65 192.168.10.128;
    option routers 192.168.10.254;
    option broadcast-address 192.168.10.255;
  }
}

サーバ再起動

正副ともに起動する

[ubunt@lxc ~]$ sudo /etc/init.d/rsyslog restart
[ubunt@lxc ~]$ sudo /etc/init.d/isc-dhcp-server restart





Counter: 1884, today: 7, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-30 (日) 23:17:32 (1025d)